リクルートダイレクトスカウトを最大限に活用する方法は?失敗しないための注意点を徹底解説!

  • URLをコピーしました!

転職エージェントを探してる方の中には、

「ヘッドハンティングを受けたい」

「年収をもっとアップさせたい」

と、思われてる方も多くいるでしょう。

そんな方には、「リクルートダイレクトスカウト」は最適な転職エージェントです。

そこで本記事では、リクルートダイレクトスカウトの特徴と魅力・利用する時の注意点を詳しく解説しますので最後までチェックしてみてください。

目次

リクルートダイレクトスカウトの特徴は?

先ずは、リクルートダイレクトスカウトの特徴を見ていきましょう。

リクルートダイレクトスカウトを運営するのは、株式会社リクルートです。

既存の転職エージェントとは全く異なる性質を持っており、登録されている約2500名のコンサルタントのデータベースから担当者を指名することができる転職支援サービスです

他の転職エージェントで起きがちな「担当コンサルタントと相性が悪い」といったミスマッチを回避でき、転職活動をよりスムーズに進めることができます。

ハイキャリア層をターゲットにしていて年収800円以上の非公開求人が約28,000件以上(2020年5月時点)あります。登録することにより会員限定の情報を閲覧することが可能です。

リクルートダイレクトスカウトは、

  • 金融系
  • マーケティング関係
  • 経営、事業企画全般
  • 各業種に特化したコンサルタント
  • 機械、エンジニア系

と、このような職種・業界で特に転職成功率が高くなっています。

リクルートダイレクトスカウトの魅力とは?

では次に、リクルートダイレクトスカウトの魅力的な面を見ていきましょう。

転職後平均年収が900万円以上(※2021年4月時点/ハイクラス会員のみ)

リクルートダイレクトスカウトの求人は、年収600~2,000万円と高収入になっています。 転職決定時の平均年収は900万円以上※で、幹部職などハイクラス求人が多くなっています。

どの程度高収入な求人が多いのか?実際に転職業界大手の、

  • ビズリーチ
  • リクルートエージェント

と比較してみましたので参考にしてみてください。

転職エージェント名年収900万円以上年収1,000万円以上
リクルートダイレクトスカウト54,889件◎49,534件
ビズリーチ◎55,911件38,336件
リクルートエージェント41,662件18,806件
※2021年10月時点の調査結果

上記の表で見ますと年収1,000万円以上の求人数では大手転職サイトを上回っているのがわかります。年収を今以上にアップさせたい方には魅力的な転職エージェントです。

企業から直接スカウトが届く

冒頭でも述べたように、「ヘッドハンティングを受けたい」といった所謂「受け身の転職」が可能になっています。

「今すぐ転職は考えていない・・・」という方も、登録時に希望業界や条件を”レジュメ“にしておけば、マッチする案件を各コンサルタントが送ってきてくれます。

ハードルの高い要望を書いて登録しておくことで、望みの案件のメッセージが届く可能性も十分にあるでしょう。但しこの件は、長期的なスパンになることを視野にいれておくことが必要です。

当該サイトにて登録手続きは5分ほどで完了して、あとはスカウトを待つだけでOKです。多忙な方でも効率的に転職活動を進めることができます。

担当コンサルタントを自ら選び相談が可能

一般的に転職エージェントでは、担当コンサルタントが初めから決められていることがほとんどです。しかしリクルートダイレクトスカウトでは、所属する約2500名の中から、経歴や実績などのプロフィールを見て、相談するコンサルタントを指名することができます。

コンサルタントとの相性は、転職を成功させる上では重要な部分です。コンサルタントを指名できるサービスは、リクルートダイレクトスカウトならではの魅力といっても良いでしょう!

非公開求人情報など会員限定の情報を閲覧できる

リクルートダイレクトスカウトでは、一般的な転職サイト同様の検索機能を使うこともでき、求人案件を求職者自ら探すことも可能です。掲載されている求人はハイキャリアの案件が多くなっています。

会員登録をすることで非公開求人情報などの会員限定の情報を閲覧でき、その中から応募することが可能になっています。

リクルートダイレクトスカウトを利用する時の注意点は?

利用する上では、様々なメリットがあるのがリクルートダイレクトスカウトです。但し、サービスを最大限には活用するためには注意点も抑えておく必要がありますので、その点を詳しく解説していきます。

現在年収が低い場合は転職ができない

リクルートダイレクトスカウトに会員登録したとしても、現在の年収が約600万円以上でなければ求人を紹介してもらえない可能性があります。

実際、リクルートダイレクトスカウトの求人検索をしてみると、希望の「年収」の入力欄が、最低でも年収600万円からしか選択できないようになっています。

というのも、求人掲載する企業は「即戦力となるハイクラス・エグゼクティブ人材」を求めているため、現在の年収も即戦力になり得るか否かの判断基準の一つとしているからです。

転職を急いでいる方には向かない

リクルートダイレクトスカウトは、急いで転職する場合には不向きのサービスです。

求人情報を閲覧すると年収500万円前後の求人はあまり多くはありません。

やはり高待遇の求人が中心のサイトなので仕方ない面もありますが、「急いで転職をしたい」といった場合は不利になることが予想されます。なのでハイクラス転職を希望する場合は、時間をかけてじっくり探すのが良いでしょう。

又、一般的な転職エージェントサービスのような応募書類添削・面接対策等といったサポートはほとんどなく、転職時に「どのあたりまでサポートが必要か」,といった事を自分の中ではっきりと決めて利用することをおすすめします。

情報収集する場合コンサルタント依存になりがち

リクルートダイレクトスカウトでは、クローズド求人がメインになっています。そのため、情報収集がヘッドハンター頼みになってしまう傾向にあります。

勿論リクルートダイレクトスカウトには優秀なへッドハンターが在籍していますが、彼らにも成績・売上がかかっているという側面もあり、不都合な情報を伝えてくれないことも往々にしてあるようです。

なので、転職を成功させるためには内部情報を知ることができる転職情報サービス等を活用して、主体的に会社情報を把握することが重要になってきます。

リクルートダイレクトスカウトに向いている人は?

リクルートダイレクトスカウトの魅力と利用する時の注意点を解説してきましたが、”どの様な人に向いている“のかをまとめていきます。

自分のスキルや経歴に自信がある人

リクルートダイレクトスカウトは、「ハイクラス・エグゼクティブ求人」を多数取り扱っていますので、スキルや経歴に自信のある人に向いています。

  • 海外勤務の経験がある
  • 会社の売上アップに貢献
  • 生産性を上げるシステムを開発
  • ネゴシエーションに長けている

といった強みがあれば、スカウトされる確率も上がるでしょう。

企業では、何らかの専門性を備えていることを採用条件としています。会計やマーケティング、営業力など、各職種における一定以上の経験値やスキルがある人は、特にリクルートダイレクトスカウトが向いています。

年収800万円以上を目指したい人

リクルートダイレクトスカウト年収800万円~2,000万円の求人を多数取り扱っています。

又、優秀なヘッドハンターも多数在籍しているので、スキルやキャリアが備わっていれば、高年収の転職を実現できるでしょう。

「ハイクラス・エグゼクティブ求人は敷居が高い」と思っている方でも、登録することで、想定しなかった好条件のスカウトが来るケースは珍しくありません。

そのため、更なる年収アップを狙いたい人には向いています。

履歴書と職務経歴書を準備して登録できる人

リクルートダイレクトスカウトは、履歴書職務経歴書が既に手元にある人に向いています。

書類の準備が整っていれば、その内容をマイページ上の「レジュメ」に打ち込むことですぐにスカウトを受けられます

「スカウトの数を増やしたい」という方向けには、職務経歴書の「サンプル一覧」も職種別に用意されています。こちらを利用することで良いスカウトを受けられる確率が高められるでしょう。

自分の市場価値を把握したい人

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト内容をもとに自分の市場価値を見極めたい人に向いています。

スカウトは「職務経歴書の内容」をもとに送られてくるため、ある意味赤裸々に、自分の価値に「年収」という“値札”が付きます。特に、スカウトを送るヘッドハンターは転職市場を知り尽くしたプロが多いので、より正確に市場価値を知ることができるでしょう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次